木になる

一兎さんが髪を切ったよ(笑)
30cm以上切ってすっきりした!!
(もう一兎さんの髪でビンタされないぞ)


こんばんは。お猿です。


一兎さんと子供の頃の話をしてました。

兎「学芸会の時はどんな役だったの??」
猿「小6の時に劇で『木』の役だった」
 (あたしって凄いだろ??みたいに言った)
兎「えっ??『木』の役ってあるの??」
 (一兎さんは小道具を使うと思ってる)
猿「そうだよ。
  茶色のTシャツ着て、手に葉っぱ持つ役」
兎「せ、台詞とかあったの??」
 (ビックリし過ぎて、どもる)
猿「ない!!ただ立って『木』になる笑」
兎「可哀想…」
猿「なんで??ちゃんと役でしょ??笑」


今は主役が何人も居るのが当たり前で、
(長犬の学芸会の時にビックリしたけど)
あたしの時代は主役は一人が当たり前だった。
だから一人一人が木だったり、石だったり
風景が人だったよ(笑)

台詞は無いけど劇の間ずっと右側で『木』を
演じ続けるのはかなりしんどかった~(笑)
(皆が観てるんだよ!!(おまいを観てないから…))


ただの『木』の役だったのに
母はちゃんと観に来てくれました(笑)
(ありがたや~。ありがたや~笑)





スポンサーサイト



2018-11-21(Wed)
 
プロフィール

Author:お猿

同性愛ブログです。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR