昔の人よ

兎「どうしたの??その髪~笑」
 (芸術は爆発だ~!!なんつって)
猿「ナウいだろ~笑」
兎「ナウイってもう使わないよ。
  今の若い子には通じないかもね~」
 (もう死語なんだね…)



おはようございます。お猿です。


一兎さんは暇があれば
『昔の人よ』を熱唱してます。
(練習してカラオケで歌うんだって)

昔の人よ。
一兎さんは誰を想って歌っているのでしょうか??
忘れられない人よ。

猿「誰の事を想いながら歌ってるの??」
兎「えっ??誰も??思い出してないけど??」

この歌を聞いて、
あたしが思い出したのは
一兎さんが中学生の時に告白した人。
(何度振られても諦めなかった人)

以下参照
昔の彼氏


一兎さんが20代前半の時、
友人の披露宴があったんだって。
一兎さん達のテーブルに
知らない男の人が同席してたんだって。

兎「あの人誰なの??」
友「えっ?? あんたマジで分からないの??」
兎「うん。分からないけど誰なの??」

その男の人は、
一兎さんが大好きだったD君。
(太り過ぎてホントに分からなかったらしい)

大好きだったD君。
変わり果てたD君の姿に唖然。
(スポーツもしててカッコよかったのに!!って)

ショックを受けた一兎さんは
黙々と食事をしてたらしい。
(会わなければ良かった…って)

食事をしてると、
何かが一兎さんの所に飛んできたんだって。

飛んできた物を確認すると、
それはボタン。



大好きだった人の
スーツのボタンが飛んで来たんだって~(笑)
(そんな美味しい話ってあるの??)

D「ごめん。スーツが狭くて」
兎「…。」



昔の人よ。
一兎さんが唯一、告白した人。
D君のことは、
『ボタンを飛ばした人よ』になっている(笑)




スポンサーサイト



2018-08-18(Sat)
 
プロフィール

Author:お猿

同性愛ブログです。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR