胃袋が悲鳴をあげる

おはようございます。お猿です。


兎「えっ??嘘でしょ!?」
明細を見ながらブツブツ言ってます。

兎「お猿さん、私頑張ったよ(笑)」
猿「たくさん貰えた??」
兎「誉めて、誉めて(笑)」

頭を撫でながら誉めてあげました(笑)

ボーナスが予想以上に貰えたらしい。
しかも現金で(笑)

兎「ボーナス貰ったし外食しよう!!」

中華料理を食べに行きました。
一兎さんはラーメンを食べないので
あたしは中華料理屋に来たら
必ずラーメンを注文します。

一兎さんは青菜と牛肉炒めと餃子。
あたしは辛いラーメンを。

猿「餃子も注文したけど全部食べてよ」
兎「大丈夫~お猿さんいるから(笑)」

毎回ですが一兎さんは完食出来ない。
貧困家庭で育ったあたし達は
残すことはしません。
出された物は全部食べます。

兎「もう、お腹いっぱい(笑)」

半分残して終了の一兎さん。
ラーメンを食べながら睨みつけます。

猿「何で餃子も注文したの??」
兎「食べたかったし(笑)」

ラーメンを食べた後に
一兎さんが残した物を食べます。
胃袋が悲鳴をあげても食べます。

兎「お猿さん凄い!!全部食べたね(笑)」
猿「苦しい。運転出来ないかも…」


外食すると必ず食べる羽目になる。
だからあまり外食はしない(笑)
食べたい分量を家で作る方がいい。



お願い!!
一兎さん完食して(笑)






スポンサーサイト



2017-07-13(Thu)
 
プロフィール

Author:お猿

同性愛ブログです。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR