女体の勉強①

『お猿さんは恥ずかしくないの??』

おはようございます。お猿です。


一兎さんに女体を教えるべく、
お風呂上り裸のまま布団に横たわり

猿「どうぞ召し上がれ」
兎「ど、ど、どう、どうしたの??」
猿「今日は一兎さんにしてもらいます」
兎「恥ずかしい」
猿「でも、してもらいます」
猿「あたしにしてごらん」

もじもじの一兎さんも観念したように
あたしの側に寄ってきました。

添い寝しながらあたしの身体を撫でています。

猿「一兎さんがされて気持ちいいことを
  あたしにもやればいいんだよ」
兎「そ、そんなこと言われても分からないよ」

そう言いながら
身体を手で撫でてたかと思うと
一兎さんはいきなり下を触りだしたのです。

猿「あほか!!
  こんなんで感じるわけないでしょ!!」

そう言いながら一兎さんの頭をハタいたら

兎「じゃ、どうすればいいの??」
猿「まずは愛撫からじゃないの??」
兎「どこが気持ちいいのか教えてくれる??」
猿「ん~。あたしも分かんないから探して」
兎「10年前から上達してないんだよ」
兎「なんの勉強もしてないんだよ」
猿「だから、今一緒に勉強してるんでしょ??」


同じ身体なのだから大体は分かるはず…
と思ったあたしがバカでした(笑)



続く。

スポンサーサイト



2017-06-13(Tue)
 
プロフィール

Author:お猿

同性愛ブログです。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR