正直な身体

疲れ果てて
帰宅した一兎さんに

長犬「足臭っ!!ヤバイ!!」

一兎さんは慌てて風呂へ。

風呂を終えた一兎さんに
マッサージをしました。

立ちっぱなしで、
足もかなり浮腫んでいます。

あたしの手が痛くない時、
あたしの気が向けば、
一兎さんの足をマッサージします。

マッサージをしてると

一兎「大丈夫?足臭くない?」
お猿「大丈夫だよ」

本当は…少し臭かった(笑)
風呂に入っても臭いって…言えない。

そう思いながらも
マッサージを続けていると、

鼻が急に詰まりだし、
鼻水が垂れてきた。
身体が臭いをシャットアウトしだした。
意思とは関係なく反応してしまう。

一兎「あっ、やっぱり臭かった?」
お猿「臭かったみたい。
   鼻が壊れた(笑)」


スポンサーサイト



2015-08-09(Sun)
 
プロフィール

Author:お猿

同性愛ブログです。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR